事業紹介

第一工場

      

丹那牛乳定番商品

第一工場では、丹那地区はもちろん、富士山麗、箱根西麓沿いの近隣酪農家の生乳を原料に、丹那3.6牛乳、丹那特濃乳、丹那コーヒーなど定番商品(130℃高温殺菌乳)を製造しています。納入先は、宅配販売店、スーパーマーケット、学校給食、ホテル、病院等です。酪農家が搾った生乳を早朝より集乳し、一番遠くても車で1時間位の距離で工場に受入れています。この恵まれた生産環境だから出来る“新鮮”な牛乳の味をご賞味ください。 また、3.6牛乳と生乳鮮度にこだわった丹那牛乳が厚生労働省が承認する総合衛生管理システム(HACCP)を取得し今まで以上に「安心・安全」な牛乳をお届けできるようになりました。

    

第二工場

      

丹那牛乳こだわりの乳製品

第二工場では、丹那地区の6戸限定「丹那低温殺菌牛乳生産者部会」の生乳のみを扱った「こだわりの」乳製品を製造しています。「丹那低温殺菌牛乳生産者部会」の生乳は、その名の通り全て低温殺菌法によって加熱処理されています。低温殺菌している…というよりも「高温で殺菌する必要のない、雑菌の少ない良質の生乳を取り扱っている」と言えるかもしれません。製造している代表的な商品は、オラッチェ低温殺菌牛乳、生クリーム、プリン、ヨーグルト類です。丹那牛乳は3.6牛乳が有名ですが、実はここで製造されている「低温殺菌商品」にも力を入れています。

    

チーズ・バター工房

      

オラッチェこだわりのチーズ・バター

チーズ・バター工房は、丹那牛乳工場に隣接した酪農王国オラッチェの敷地内にあります。ここで造られるチーズ・バターは丹那低温殺菌牛乳生産者部会の新鮮で良質な生乳のみを使用しています。製造はひとつひとつ丁寧に手作業で行っているため、1日に製造できる数には上限があります。しかしながら、こだわりの小さな工場だからこそできる、丁寧な心のこもった味を守り続けているのです。

 

品質管理部

      

すべては消費者の皆様のために

品質管理部では、原材料の管理、製品の検査などを行っている他、品質管理の基本である5S-1K(整理・整頓・清掃・清潔・習慣づけ・乾燥)を徹底し、衛生管理の向上に努めております。また、すべての従業員が安全と品質を最優先として行動するよう、品質管理と製造技術に関する従業員教育を継続的に実施しており、それが全従業員の意識の向上へ繋がっていると思っております。すべては、消費者の皆様に安全で安心な製品をお届けするために。その一念です。

PAGE TOP